サロンへ行く前に…体毛について知ろう

話題沸騰の永久脱毛。

 

面倒な毎日のムダ毛処理がそれをしなくて良いということで、話題集中の美しくなる方法です。しかし、その少し待って。

 

これを読まれる皆様は自分自身の体に生えている体毛がどうなっているかわかっていますか?

 

脱毛サロンに行く前にちゃんと自分の毛について知っていることは大きな事です。

 

そういったことを説明できると脱毛サロンを考える時に不明点を聞きやすいです。

 

といっても体毛についてしったうえで脱毛サロンに行く人は意外と少ないんです。

 

このような理由から、今回このページで皆様の体の体毛って何か説明します。

 

 

毛の根っこについて

まず、毛がどんな構造になっているかまとめました。

 

みなさんに悩ませているムダ毛は表皮から上部分を「毛幹」お肌から下に合ってみえないところを「毛根」と呼ぶんです。

 

その下、毛根のねっこ、毛根部についている球のところを「毛球」と呼ぶんだ。先端には「毛乳頭」があるんだよ。

 

この奥毛乳頭の先端から毛細血管があって栄養を吸収して体毛を長くする働きをしています。

 

まとめると、毛の成長は体毛の全体の中でも毛根、細かく言うと最深部に存在する毛乳頭と言う毛球の先端部分が大事なんだ。

 

というわけでシェーバーなどで毛幹の部分を剃り落としたとしても毛乳頭の箇所が残っている限り、体毛は生えてきてしまいます。

 

詳しく言うとこの毛乳頭の部分には毛母細胞って呼ばれてるものが作ってるんだ。

 

だから、がんばって毛抜きを使って抜毛して毛乳頭を取り去っても毛母細胞のパーツが存在する限り、次の毛乳頭のパーツが生成されてきて再び毛が生えちゃうんだ。

 

 

毛ってどう生えるの?周期は?

体の毛は伸びる、抜ける、若干休みがあってまた生えてを決まった周期でぐるぐるしているのです。

 

毛の成長期には毛細血管を伝って毛乳頭めがけて長くなるために必要な栄養が運んでこられて毛母細胞の場所にまで到着するんだ。

 

そうなると、毛母細胞にある細胞の分裂がどんどんおこって毛球が作られちゃうんだ。

 

そして、次々と毛母細胞の部分が多く別れて遂に体毛となって見えるところまで次々伸びていくのですね。

 

そんでもって次は体毛の成長する速さは毛によって変わってきます。

 

髪の毛はスピードが速く1日で1/3mmほど長くなります。

 

さらには脇に生えている毛も意外と成長スピードは速く、1日0.3mmも伸びます。

 

また、眉や目の周りのまつ毛はその成長スピードは遅く、24時間かかって0.18mmほどです。

 

以上に述べたように一纏めに体毛といっても、その成長スピードは全然違うんだよ。

 

 

毛周期

さらに、さっき述べた「毛周期」について、簡潔にしっかりとご説明します。

 

最初の所で伸びる、抜けるまた伸びるを繰り返していると言いました。

 

詳しく説明すると私たちの体の毛は休む・生える・抜けるという生え変わりに関わる3つの時期が存在しています。

 

休止期の毛はお肌の下の見えないところで毛が生える準備期間です。

 

成長期で必要な栄養を得てぐんぐんと伸び、退行期になると毛乳頭とムダ毛が結合が弱くなり抜け落ちるといったます。

 

このような理由で伸びる周期の毛を抜いても体の皮膚のすぐ下にはここから生えようとする体毛が眠っています。

 

そういう理由でがんばって毛を抜いた!と思っても周期がくると次に待っていた体毛が伸びてくるのですね。

 

ついでに言うと体の見えて確認できるのは1/3くらいでしかです。それに!毛周期というのは体に生えているどこの毛かで少しずつですが変わります。

 

体の中で目立って抜毛までが長くなっているのは頭の髪の毛で伸びる期間が4年近く続いて抜ける時期には手を加えなくても抜け落ちます。

 

もっと言うと頭部の毛は1日で50本ほど落ちちゃうって言われてるんだ。また、顔と身体では顔の方が抜けるまでの間がないようです。

 

フェイス部分に生えている毛が2カ月程度で身体の毛は毛の周期として3カ月と言われています。

 

その違いから全身の毛を同じ時に処理しても顔面に生える毛が早く目立ってきます。

 

 

毛の役割って?

「ムダ毛」とは言いますが、ムダって言われていてもちゃんと役目を持っています。

 

その目的を説明します。

 

私たちの毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能の4つの機能があります。

 

最初は皮膚を守る役目からです。

 

物がぶつかることから防護することを示しています。

 

例えば、毛髪は頭、ワキは脇毛で摩擦から守られていることが挙げられます。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒さから身を守ってくれ、また、日光が当たるようなときは熱や光を防ぐ防御してくれます。

 

さらに、感覚機能です。

 

実は、ごくわずかではありますが、体毛にも触覚を存在しています。

 

抜毛すると触覚が弱くなるという言われることもあるんだ。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

体の毛は太陽からの紫外線を直接浴びないようにするための働きも担っています。

 

これらのように、ムダと呼んでいても目的があります。

 

 

きちんと知識を

どうだった?

 

毛の仕組みや仕組みについてわかりましたか。

 

毛の仕組みが分かれば、光脱毛の内容やどのくらい通うべきか理解できます。

 

サロン選びで失敗しにくくなる間違いなし!

関連ページ

自分で脱毛するより脱毛サロンがいい
自分で脱毛するより脱毛サロンがいい!いま流行りの脱毛サロンは費用が掛かるなどのデメリットがありますが、自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなど多くのメリットもあります。デメリットに比べメリットの方が大きいので、これから脱毛サロンで施術をお考えの方は是非ご覧ください。
なんで脱毛サロンは複数回通わなければいけないの?
なんで脱毛サロンは複数回通わなければいけないの?主な要因は毛周期が大きく関係しているのです。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能や効果が脱毛サロンごとに違うからです。脱毛専門サロンに複数回通うには理由があるのか内容が分からない方は是非参考にご覧ください。